「あなたたちらしさ」を大切にしたウェディングをご提案します。

ウェディングプランナーとは

  • HOME »
  • ウェディングプランナーとは
  1. >
  2. ウェディングプランナーとは

ウェディングプランナーとは

ウェディングプランナーになるには

ウェディングプランナーとは、人の一生の中でも最も重要なイベントの一つである結婚式のプランを新郎新婦に提案し、新郎新婦のみならず、結婚式に出席した全ての人にとって思い出深く一生の記憶に残るような結婚式を作り上げていく職業のことです。

ウェディングプランナーというと、このように難しそうな職業に聞こえますが、ウェディングプランナーになるには、特別な資格や学歴は全く必要ありません。
昨今ではウェディングプランナーになりたい人が増えているので、就職は狭き門となっています。

ウェディングプランナーは、確かに特別な資格や学歴は必要ありませんが、ブライダルに関する専門的な知識を豊富に備えている必要があります。
よってウェディングプランナーになりたい人は大学や専門学校・ブライダルプランナー養成スクールでブライダルの専門知識を勉強したうえで、ウェディングプランナーとして就職する人が多いと言えます。

ただし就職できてもすぐにプランナーとして働けるとは限りません。
一流のウェディングプランナーになるまでには、現場での経験を積むことが大切で、プランナー以外の業務で経験をつんでから、プランナーとして働く人も多いです。

ウェディングプランナーに向いてる人

では、どんな人がウェディングプランナーという職業に向いているのでしょうか。

ウェディングプランナーは、新郎新婦が開きたい結婚式を実現させるためのお手伝いをする職業です。
よって新郎新婦やそのご家族のご要望をしっかりと汲み取る必要があります。
すなわち、「聞き上手」であることが何よりも大切なのです。

主役はあくまで新郎新婦のお二人。
お二人の一生の思い出となるよう、しっかりと聞いてあげられる人が向いています。

また、数多くの選択肢から、披露宴にまつわるあらゆる事項を決めていくので、決断力がある人が向いています。
新郎新婦のお二人は結婚式自体が初めて、という方が多いもの。

様々な選択肢を目の前にして、悩んでしまうことも多いでしょう。
そのような時に、プロであるウェディングプランナーが的確にアドバイスできる力を備えていることが大切です。

そして何よりも、お客様を喜ばせるのが大好きな、面倒見がよい人が向いています。
実際ウェディングプランナーをやっている方の中には、当日の新郎新婦の幸せそうな表情を見て、プランを提案したこちらもとても嬉しい、と感じる人も少なくありません。

フリーのウェディングプランナーの強み

ウェディングプランナーには大きく分けて、結婚式場の専用プランナーと、フリーのプランナーの二種類があります。
結婚式場の専用プランナーは、パッケージ化されたプランから選ばせる会場主導型である場合が多く、自由度の高い結婚式が難しいという現状があります。

それに対して、フリープランナーは式場選びの0地点からお客様の思い通りのウェディングをプランニングすることができます。
そのため、より「二人らしさ」にこだわったウェディングを実現できるのです。
様々な式場でプランニングした経験から、お客様にとって最適なプランを一緒に作り上げることができるというのが、フリーのウェディングプランナーの最大の強みと言えるでしょう。

対応可能エリア

東京・埼玉・神奈川・千葉といった首都圏を中心に活動を行っております。
また、他エリアに関してもお気軽にお問い合わせください。

ブログ
ウェディングプランナー本橋貴子 オフィシャルサイト
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.