「あなたたちらしさ」を大切にしたウェディングをご提案します。

ウエディングプランナーの学歴

  1. >
  2. >
  3. ウエディングプランナーの学歴

学歴は関係なく活躍できるウエディングプランナー

ウエディングプランナーの仕事に就くにあたって学歴は必要なのでしょうか。
一般的にどこの企業についても、特に学歴の指定があるということはありません。
高卒、専門学校卒、大卒と様々な学歴の人たちが一緒に働いていますし、どの学歴の人が優遇されるということも特にありません。

基本的に仕事の出来で昇進や昇給も決まっていきます。
そのため、学歴関係なくその人の実力や努力でどんどんと仕事の幅を広げていけるため、やりがいも高い仕事であると言えます。

学歴が求められないからこそ大変なこと

学歴が求められないということは、逆に仕事の成果が全てとなります。
そのため、日々の仕事をしっかりと行うことが重要です、そこでしっかりと成果を出すことができなければ仕事の評価は期待ができません。

もちろん成果が全てではないのですが、制約が取れたり式の担当ができたりそこで評価をされたりという成果が出せないということは、仕事の中で何かが不足しているということを意味します。

仕事を進める中でウエディングプランナーに求められることは正確性とコミュニケーション能力であると言えます。
仕事の正確性というのは、ミスなく全ての業務を必要なタイミングで様々な部署に依頼をしたり、招待状作成やスケジュール作成でミスなく正しく仕事の管理をしたりということです。
人間性というのは、相手のニーズをしっかりと引き出し正しく認識し、確実に理想の式に近づけるための提案をしていくことです。

そのため、学校での勉強だけでなく、コミュニケーション能力を高めたり、ホスピタリティを向上させたり、マナーを身につけたりすることが重要であると言えます。

学歴がないことでの不安

学歴を求められないことであったり、自分自身に学歴がないことで不安になる人も多いものです。
そのような時には、資格を取得して学歴を補うという方法があります。

この資格についてはウエディング業界に関する資格を取得するのはもちろんですが、仕事の中で役立つ資格を取得するのでも十分です。
マナーを知るために秘書検定を受けたり、美しい文字を書けるようにペン習字の資格を取得したりしても十分日々の業務で役立ちます。

また、仕事の内容をよりよくするために、そしてこれから会社の中でのキャリアアップのためにもっとウエディング業界について学びたいと思うこともあるものです。
そのような時には専門学校での勉強をしたりウエディング業界が主催している資格を取得するのも有効です。
ウエディング業界の資格は国家資格はないですが、ウエディング業界の企業が行う民間資格についてはいくつかあり、それを取得すればキャリアアップの一助とすることもできます。

対応可能エリア

東京・埼玉・神奈川・千葉といった首都圏を中心に活動を行っております。
また、他エリアに関してもお気軽にお問い合わせください。

ブログ
ウェディングプランナー本橋貴子 オフィシャルサイト
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.