「あなたたちらしさ」を大切にしたウェディングをご提案します。

ウエディングプランナーの仕事内容

  1. >
  2. >
  3. ウエディングプランナーの仕事内容

結婚式のサポートをする仕事

ウエディングプランナーの仕事は、結婚式を最高のものにするために、式を控えているカップルの式前から式当日までのサポート並びにプロデュースをするのが主な内容です。
結婚式を行うにはたくさんの準備が必要です。
その全てをタイムラインに沿って必要な時期に適宜決めていき、場合によってはアドバイザーとして提案をしていくことでベストなものへとしていきます。

ウエディングプランナーの仕事場としては、結婚式が行われるホテルや結婚式の専門会場、レストラン、ウエディングプロデュース会社が主な職場です。
特にこれらの職場で働くために資格を取得する必要がある仕事ではありません。
職場によって仕事の内容が大幅に変わることはないのですが、職場によって「ブライダルプランナー」「ブライダルコーディネーター」「ブライダルプロデューサー」などと名前が違うこともあります。

接客と営業

ウエディングプランナーの仕事をするためには、やはり自分の勤める式場で結婚をするカップルが現れなければ仕事が始まりません。
そこで、式場に見学に来たり問い合わせに来たりした人たちに自分たちの式場での挙式プランについての説明をして具体的な式の提案や営業を行なっていきます。

多くの場合には、カップルは複数の式場を見学して自分たちにあったところを見つけていきます。
そこで、他社とは違う点、自分たちだからこそできることといったアピールポイントをしっかりと伝えていくことが重要です。

中には、この営業活動の結果によって給与査定が決まるというケースの会社もあります。
ノルマがあったり営業成績によってボーナスが出たりする結婚式場だとやはり営業職が強めなこともあります。

式の成約がされたら

自分たちの式場で結婚式をすることが決まれば詳細を詰めていく作業が始まります。
予算の範囲内で行える内容の確認、逆に予算がはみ出たとしても行いたい演出があればそれをどうやって取り入れるのかといたことを相談しながら式の内容を自分たちの希望に可能な限り近づけていきます。

また、日程や予算、式の詳細を一つずつ詰めていき必要に応じて様々なところに仕事の割り振りをしていきます。
ウエディングドレスのレンタルが決まれば、レンタル会社との連絡を取り衣装合わせのスケジュールを決めたり、招待状のようなペーパーアイテムの作成依頼をしたり、といった作業はウエディングプランナー主導で進めていきます。
これは、式の日取りに応じてウエディングプランナーが新郎新婦に必要事項を確認し、確認が取れ次第作業に取り掛かっていきます。

この打ち合わせは細かなことまで決めていくために何度も話し合いを進めていきます。
特に式の直前には毎週のように話し合いをして最後までミスなく式が行えるように式の詳細を詰めていきます。

式当日

結婚式の当日は、ウエディングプランナーの中で最も緊張感のある日です。
プランナーがすべての確認事項が滞りなく行えるようにチェックをする必要がありますし、式中も何かトラブルがないか目を配らせておく必要があります。

プレッシャーもとても大きなものですが、やりがいはとても大きな仕事です。
一生に一度の結婚式を新郎新婦はもちろん、参加者にとっても思い出に残る仕事ができるということはとても魅力的なものです。

対応可能エリア

東京・埼玉・神奈川・千葉といった首都圏を中心に活動を行っております。
また、他エリアに関してもお気軽にお問い合わせください。

ブログ
ウェディングプランナー本橋貴子 オフィシャルサイト
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.