「あなたたちらしさ」を大切にしたウェディングをご提案します。

ウェディングプランナーに向いている人

  1. >
  2. >
  3. ウェディングプランナーに向いている人

人を喜ばせることが好きな人

ウェディングプランナーに向いている人というのは、どのような人でしょうか。

結婚式や披露宴は新郎新婦にとって、一生で一度の「大切なイベント」です。
そしてウェディングプランナーは、その「大切なイベント」を演出する仕事です。

新郎新婦やそのご両親、招待客すべての人が満足できるウェディングを実現することを考えて式をプランニングする必要があります。
そのため、人を喜ばせることが好きな人、イベントなどで周囲を盛り上げるようなタイプの人が、ウェディングプランナーに向いていると言えます。

ウェディングプランナーの仕事はお客様に感動を与えるお仕事です。
普段から見返りを求めず、相手がうれしくて泣き出してしまうほどの感動を与えるような演出をクリエイトできる人がウェディングプランナーに向いています。

社会人としてのマナー・礼儀が備わっている人

ブライダル業界は、他の業界に比べてマナーや礼儀に厳しいルールが多数設けられています。
また、就職先であるホテルやブライダルコーディネート会社では、非常に高いレベルの接客スキルが求められています。

普段から言葉遣いや立ち居振る舞いについて、礼儀正しさを意識していない人には、非常にストレスがたまる職場と言えます。
ウェディングプランナーという職業は、礼儀を重んじる業界であることをよく理解しなくてはなりません。

やはりマナー・礼儀については、自己流では限界があり、間違った知識を蓄えかねません。
専門学校や養成スクール、サービス業などでの接客経験などを経て、ビジネスマナーをしっかりと身に着ける必要があるでしょう。

営業力も必要

ウェディングプランナーの仕事の中には「営業」の要素もあります。
自分のプランを、顧客である新郎新婦にプレゼンする能力が必要になるのです。

「見返りを求めず他人に尽くす」という気持ちを持ちながらも、様々なブライダルプランを提示し、自社で指揮を挙げてもらえるよう努力することも、大切な仕事です。
形のないサービスを作るのがウェディングプランナーの仕事なので、苦労も多い中、やりがいを感じる人も多いです。
新郎新婦にとって最高のサービスを提供したい、最高の結婚式にしてあげたい、という気持ちで頑張ることができるウェディングプランナーは、長く続けていけます。

忍耐力が大切

結婚式当日に至るまでは、事前の綿密な打ち合わせから、式当日の様々な細部に気を配り、気が抜けることがありません。
注意深さと、几帳面さを要求される職種です。
多方面において細かいチェックを欠かさず、抜けがないかどうかを常に気を配らなくてはなりません。視野を広く持つことも大事でしょう。

また、どんなに気を配ってきたつもりでも、お客様からクレームが来る時もありますが、冷静な対応が必要です。
お客様と1対1の対人関係のお仕事なので、忍耐力が必要になるのです。

対応可能エリア

東京・埼玉・神奈川・千葉といった首都圏を中心に活動を行っております。
また、他エリアに関してもお気軽にお問い合わせください。

ブログ
ウェディングプランナー本橋貴子 オフィシャルサイト
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.