「あなたたちらしさ」を大切にしたウェディングをご提案します。

ウエディングプランナーの将来性

  1. >
  2. >
  3. ウエディングプランナーの将来性

ウエディングプランナーに将来性はあるのか

結婚式というのは一生に一度のものであり、その日を最高のものにするためのお手伝いをできる仕事というのはとても素晴らしい仕事です。
結婚式で悲しい顔をしている人はおらず、新郎新婦だけでなく参加者も皆笑顔であることからも結婚式というのはとても楽しく華やかなものです。
そのような式に携わりたいと考えウエディングプランナーの仕事に憧れを持つ人も多くいます。

ウエディングプランナーの仕事には興味はあるけれども仕事の詳細がわからない、長く勤めることができるのかという不安を感じている人も多いものです。
そこで、ここではウエディングプランナーの仕事の将来性や展望について紹介をしていきます。

式の規模は縮小傾向になりつつある

バブルの頃は派手婚が流行し、芸能人のような出席者数、演出の結婚式を挙げる人も多くいました。
しかし、バブルの崩壊後からは地味婚と呼ばれる質素で最低限の演出の結婚式が増えています。

一昔前には結婚式を行わず、その費用を新居の購入費用にしたり将来のために貯金をしたりという堅実な考えも流行して結婚式の件数は大幅に減りました。
そのために、結婚式市場は縮小傾向にありました。

さらに、少子化や核家族の影響もあって式に参加する親族の人数も減っており、そのために式の参加者数の少ない結婚式も増えています。
このような影響から結婚式の費用も規模も小さめのものが多いですし、式をしないというカップルも多いのです。

結婚式の多様化

しかし、ここ数年結婚式を挙げることを検討するカップルは増えています。
これは、昔からのしきたりや習わしを大切にしようと考え、一生に一度しかない結婚式はきちんと行おうと考える人が増えているためです。

また、式場も結婚式の件数の減少に伴いさまざまなサービスを打ち出しています。
昔は決められたプランからしか選べなかった演出についても新郎新婦が行いたいものを取り入れたり、ドレスの持ち込みができるようになったりということが行われるようになっています。

せっかくの一生に一度のものだから他の人とは違うオリジナリティのあるものにしたいということを考える人も多く、結婚式は多様化しています。
これによってウエディングプランナーの仕事も今まで以上にその人の力量が問われるものが増えています。
限られた予算の中でオリジナリティの打ち出し方を考えたり、他の人とは違う演出をうまく組み込んだりということができることがウエディングプランナーに求められる能力となっています。

このようなことから結婚式の演出についてはやりがいが増しているということは言えます。
口コミも大事なものですから、ひとつひとつの仕事を丁寧に行い新郎新婦の気持ちに寄り添ったプランニングができれば新たな仕事の縁が繋がることも多くあります。

対応可能エリア

東京・埼玉・神奈川・千葉といった首都圏を中心に活動を行っております。
また、他エリアに関してもお気軽にお問い合わせください。

ブログ
ウェディングプランナー本橋貴子 オフィシャルサイト
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.