「あなたたちらしさ」を大切にしたウェディングをご提案します。

フリーのウェディングプランナーの強み

  1. >
  2. >
  3. フリーのウェディングプランナーの強み

フリーのウェディングプランナーって?

ウェディングプランナーには大きく分けて、会場専属のプランナーと、フリーランスのプランナーの二種類があります。
ここでは、主にフリーランスのウェディングプランナーについて紹介していきます。

フリーランスのウェディングプランナーとは、会場専属ではないウェディングプランナーのことを呼びます。
会場専属の場合は、その会場での結婚式のプランを提案することになるので、選択肢の幅が狭まってしまったり、希望の結婚式を行えなかったりします。
また、予めプランが固定されていて、その中から選ぶ形式をとっている場合もあります。

それに対して、フリーランスの場合はゼロからのトータルサポートはもちろん、ドレスのみ、会場についてのみ、など、部分的なサポートもできます。
会場専属ではないので、さまざまな場所でのウェディングを提案することもできるのです。

よってホテルやチャペルだけではない、個性的な会場で式を挙げることも可能です。
会場専属のプランナーに比べて柔軟な対応で、より新郎新婦に近い立場でウェディングをサポートします。

フリーのウェディングプランナーに頼むと・・・

まずは新郎新婦の家庭状況や好みの傾向・結婚式に求めることなどをヒアリングします。

打ち合わせ場所も、新郎新婦にとって便利な場所などで行われることが基本です。
会場専属の場合には新郎新婦がその会場まで足を運ばなくてはなりませんが、フリーの場合ならは、新郎新婦の都合の良い場所を指定することができるのです。

新郎新婦の立場にたって考えるところから打ち合わせがスタートするので、予算面での不安もより少なくなります。
予算内で理想の式が挙げられるよう、フリーのプランナーは様々な提案を行います。
よって、従来の形式にこだわらない自由なウェディングを目指すことができます。

フリーランスならではのメリット

お金に関する不安を真っ先に解消できます。
二人の予算に合わせてプランニングをスタートするので、最初の見積もりからどんどん離れていく、といったことが起こりにくいのが最も大きなメリットと言えるでしょう。
理想を追求すると予算がオーバーしてしまい、予算を考えると理想の結婚式が挙げられない、といった悩みもフリーランスならば解消できます。

また、打ち合わせなどのスケジュール管理が柔軟にできます。
日程や場所を新郎新婦に合わせることができるので、スケジュール管理が非常に楽にできます。
結婚式に向けてバタバタと忙しくなるようなこともありません。

そして何よりも、形式にとらわれない挙式が自由にできます。
「二人にとって何が大切なのか」をまず新郎新婦の立場にたって考え、そこから「何ができるか」をプランニングしていきます。

もちろんフリーならではのデメリットもあります。
会場専属でないことから、パッケージ化されることで得られる割引などを利用できません。
また、フリーランスの場合はプランナー自ら式場を斡旋するため、有名な結婚式場を利用できない場合もあります。

対応可能エリア

東京・埼玉・神奈川・千葉といった首都圏を中心に活動を行っております。
また、他エリアに関してもお気軽にお問い合わせください。

ブログ
ウェディングプランナー本橋貴子 オフィシャルサイト
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.