引き出物を選ぼう

結婚式の参列者に、お礼としてお渡しをするお土産的存在、引き出物。
そんな引き出物ですが、どんな品物を用意すれば良いのか、何が喜ばれるのかがわからず、頭を悩ませている新郎新婦は少なくないそうです。

まず、引き出物の相場の金額は約6千円と言われています。
出来るだけ安過ぎず、高すぎない品物を用意する必要があるといえるでしょう。
6千円前後でまとめるために、引き出物の品物の個数を何個かにするという方も少なくないようです。

また、地方によって金額の相場が大きく異なる傾向がありますので、出身地方に合わせた金額の引き出物を用意することも必要になるでしょう。
安い所ですと2千円、高い所ですと1万円になりますので、風習の違いによって、驚かれてしまって恐縮をされてしまったり、失礼に値するようになるケースがありますので、この部分は事前によく確認をしておくことが大切といえるでしょう。

引き出物で人気がある商品は?

引き出物として利用することが出来る商品は数多くありますが、その中でも近年人気なのが、カタログギフトです。
カタログ内に掲載されている品物を選択してはがきを送り、商品が送られてくるというタイプのカタログギフトですが、こちらのカタログギフトは、様々な種類から自分で好きなものを選ぶことが出来るという点をはじめ、金額も調整をしやすいという点が、新郎新婦側からも人気を集めている理由だといえるでしょう。

カタログギフトと合わせて、バームクーヘンやクッキーなど、日持ちがする焼き菓子を一緒に配る方も多いでしょう。
バームクーヘンは特に、結婚式の引き出物では非常にメジャーなお菓子ですので、カタログギフトと合わせてつけるのがぴったりだといえるでしょう。

困ってしまう引き出物に注意

引き出物は出来るだけ、参列者に喜んでもらうことが出来るものを渡したいものです。
ですが、引き出物の種類によっては逆に、迷惑をかけてしまう恐れがありますので、よく考えることが大切です。

まず、引き出物の定番である食器には注意が必要です。
食器は引き出物の定番として出されることが多いですが、意外と使わないことが多く、タンスの肥やしになっているという方も少なくありません。
扱いに困ってしまうという方もいますので、食器は出来るだけ避けましょう。

他にも、二人の写真入りアルバムなど、二人の思い出の品を引き出物として渡す方がいますがそれもNG。
当人たちは良くてももらった方は扱いに困りますので、絶対にこうした思い出の品を引き出物の中には入れないように注意しましょう。
このように、引き出物を選ぶ際には、もらう相手のことをよく考えて、選ぶように心崖てみてください。