結婚式の準備は念入りに

無事にプロポーズを終えたらすぐに結婚式というわけにはいきません。
結婚式を実際に挙げるまでは、当然ですが様々なものを用意する必要があります。

やることはめまぐるしくありますので、実際に結婚式を挙げるまでにやらなければいけない、やることリストを作成しておくことがおすすめです。
やることリストとしては主に、このようなことが挙げられます。

結婚式までの段取りリスト

まずプロポーズが終わったら、“両家へのご挨拶”を行います。
基本的には男性側が女性側のお宅に伺ってご挨拶を行うことほとんどですが、出来ればお互いのお家にご挨拶に伺っておくべきといえるでしょう。

お互いの両親から結婚のお許しを頂けたら次は、“式場選び、式場の予約”を取ります。
式場の規模などによっても、式場の人気差などによっても異なりますが、式場の予約が取れなくなることも少なくありませんので、出来るだけ早めに予約を取ってしまいます。
式場関連ですと、“式のプラン”“衣装選び”など、式そのものに関係しているものが多いので、式場には何度か通うことになるといえるでしょう。

そして、他にも、これらを行う必要があります。

・結納
こちらは最近はあまりしないことも増えていますが、地域によって結納をしっかりと行わなければ失礼になるお家もありますので、よく確認をしましょう。
結納の代わりに、食事会という形で両家のご挨拶を済ませるご家庭が増えています。

・婚約指輪、結婚指輪の購入
婚約指輪はプロポーズの際に渡す方が多いのですが、最近は花束でプロポーズなどをして、OKをもらったら好きなものを選んでもらうというスタンスを取っている方もいるようです。

・招待状の送付、式での受付や二次会に関して
結婚式の招待状の送付をはじめ、式での受付を誰に頼むか、二次会などはどうするのかを考えて、必要に応じて可能かどうか確認を取ってから、当日依頼をする旨などを招待状に記入をします。

・新居や新婚旅行の準備
二人の新居はどうするのか、いつから住むのか、新婚旅行はどうするのかなどを考える必要があります。
優先順位的にはそこまで高くありませんが、ついつい忘れてしまいがちなポイントですので、一緒に住んでいないという方は、よく話し合いをしておきましょう。

段取りリストで結婚式までの段取りをしっかり!

結婚式までの道のりは長く険しく、色々とやることも多くあります。
どれも忘れてはいけない大切なものですので、事前にリストを作って、一つ一つ行っていくことが大切です。
式が終わった後にもやることがいろいろとありますので、その際にも段取りリストを作成して、やり残しやうっかりミスがないように注意しましょう。