「あなたたちらしさ」を大切にしたウェディングをご提案します。

衣装選び

  1. >
  2. >
  3. 衣装選び

ウェディングドレスの選び方

結婚式と言えば、やはりウェディングドレスです。
やはり自分を一番美しく見せる素敵なドレスを着たいものですよね。

まず、自分に合うデザインはどんなウェディングドレスなのかを考えてみます。
どんなに憧れるデザインがあったとしても、やはり自分に合う・合わないというものはあります。

自分の体型を客観的に把握し、チャームポイントを生かすデザインのドレスを選ぶようにしましょう。
自分にどんなデザインが似合うのかわからなくても、プロであるウェディングプランナーがしっかりと新婦さんに似合うドレスを提案していきます。

ドレスのシルエットや素材でも印象が変わってくるので、それぞれのシルエットや素材の特徴を把握してイメージに合うドレスを選ぶことが大切。
シルエットには、ふわりと広がるタイプのものや、タイトなものなどさまざまです。

更に、会場の雰囲気や自分やお客様の年齢層を考慮してドレスを選ぶことも必要です。
比較的格式高い式場ならば、あまり派手すぎるものは選ばず、シンプルでクラシカルなものを選ぶようにしましょう。

そして実際にご自身で必ず試着しましょう。
試着の際は、下着やストッキングを持参します。実際に着てみることでイメージもわきますし、何よりも結婚式への気持ちも高まります。

ウェディングドレスを選ぶ時期

ウェディングドレスは、具体的にいつごろまでに選べば良いのでしょうか。
基本的には挙式6か月前に選ぶ人が多いです。
ただし、バージンドレスを選ぶか、レンタルドレスを選ぶかで選ぶ時期が異なります。

バージンドレスは自分でドレスを購入することです。
バージンドレスには更にオーダーメイドにするかプレタポルテにするかを選べます。

プレタポルテとは既製品のことです。
オーダーメイドは非常に時間がかかるので、余裕をもって準備しましょう。

プレタポルテなら、レンタルよりもお安く手に入れられる場合も多く、購入なのでサイズ調整も可能です。

レンタルドレスは、人気のデザインだと予約が集中しがちなので、早めの予約がベターです。
参考サイト>>ウェディングドレス・二次会ドレスのレンタルはドレスショップ

ショップによりサイズ調整できる範囲が異なるので注意しましょう。

ウェディングドレスのデザイン

まず、ドレスの基本のラインを覚えましょう。
こちらのサイトでも詳しく説明されているため、参考にしてみるとよいでしょう。
>>画像で解説!ウェディングドレスの種類が一目で分かるまとめ

例えば、プリンセスライン、ウェスト切り替えのスカートが大きく広がったデザインです。
かわいらしさを演出できる点でとても人気があります。

Aラインは、シルエットがアルファベットのAに似ていることからついた名前です。
ウェストからスッと広がるラインがとてもエレガント。

ベルラインは、ウェストが絞られ、腰から裾にかけてベルのような形に広がるラインで、華やかさを演出します。
マーメイドラインはその名の通り体のラインに沿ったデザイン。
人魚を思わせる形が大人っぽさと女性らしいエレガントを演出します。

新郎とのバランスも忘れずに

花嫁がパーフェクトなのに、新郎との衣装がアンバランスだと、花嫁の美しさが半減してしまいます。
ポイントは「イメージを統一すること」です。

身長差も靴などでバランスを取りたいところ。
花婿の衣装の色は、濃い色のほうが花嫁の衣装が引き立つでしょう。

対応可能エリア

東京・埼玉・神奈川・千葉といった首都圏を中心に活動を行っております。
また、他エリアに関してもお気軽にお問い合わせください。

ブログ
ウェディングプランナー本橋貴子 オフィシャルサイト
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.